久城 一弥

GOSICK -ゴシック-(漫画)の主人公。読みは「くじょう かずや」。

  • 久城 一弥
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
GOSICK -ゴシック-(漫画)
正式名称
久城 一弥
ふりがな
くじょう かずや

総合スレッド

久城 一弥(GOSICK -ゴシック-)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

極東の島国からソヴュール国にやって来た留学生。帝国軍人一家の三男で15歳。黒髪で幼い顔立ちをしており、優しく思いやりのある性格。立派な軍人となるべく聖マルグリット学園へと留学してくる。成績はトップクラスと優秀だが、「春に来る死神」の伝承を知る生徒達から疎んじられているため、友達は1人もいない。

不運なことに殺人の容疑をかけられ逮捕されそうになるが、ヴィクトリカの推理のおかげで難を逃れ、彼女に興味を持つようになる。図書館の屋上で一人孤独に過ごすヴィクトリカが気にかかり、彼女が退屈しないよう、難事件の情報を聞きつけては彼女のもとへ持ち掛ける。生真面目で素直すぎるため、人の策略に嵌ってしまうことや、ヴィクトリカに振り回されることも多いが、その持ち前の優しさで推理以外の側面からも彼女をサポートしていく。

数々の事件を経て、ヴィクトリカをかけがえのない存在として認識するようになる。

登場人物・キャラクター

人形のように小柄な身体と美貌を持った、不思議な雰囲気の少女。幼い見た目に反して老婆のような落ち着いた声と高慢不遜な口調で話す。名高い貴族の生まれであるが、とある事情から聖マルグリット学園から出ることを...

登場作品

1924年、第一次世界大戦後のヨーロッパ。フランスとスイスとイタリアに国境を隣接する、小さくも長く荘厳な歴史を誇る国ソヴュールに、東洋の島国から留学生、久城一弥がやって来た。聖マルグリット学園の学生と...