久賀 秀利

久賀 秀利

ミスミソウ(漫画)の登場人物。読みは「くが ひでとし」。春花とはライバル関係。

登場作品
ミスミソウ(漫画)
正式名称
久賀 秀利
ふりがな
くが ひでとし
関連商品
Amazon 楽天

概要

大津馬中学校3年の男子生徒。野咲家の放火で最初に火を付けた張本人。春花の教室机を傷付けるなど、積極的に嫌がらせをしていたクラスメイト。授業態度は悪く、校則で禁止されたピアスをしている。小黒妙子に片想いしており、茶髪に染めているのは彼女の影響である。春花が転校してくるまでは、クラスメイトは普通に慣れ合って過ごしていたと認識しており、春花の存在によってそのバランスが壊されたと考えている。

関連人物・キャラクター

小黒妙子

大津馬中学校3年の女子生徒。3年女子のボス的存在で、野咲春花に対するいじめの首謀者。ただし、よそ者を排斥したい他の生徒とは動機が異なり、特別な想いを春花に抱いている。また、春花の転校以前は佐山流美をい... 関連ページ:小黒妙子

春花

両親と妹のいる四人家族の長女で、中学3年生。物語開始時の半年前、父親の転勤で東京から大津馬村へ引っ越してきた。ストレートの黒髪で華奢な体つき。口数は乏しく、物静かな美少女。クラスメイトの池川努は彼女の... 関連ページ:春花

登場作品

ミスミソウ

大津馬村という、少子化と過疎化の進んだ村が舞台。冬の季節、廃校を目前とした大津馬中学校では、わずか10数人の3年生が2ヶ月後の卒業を待っていた。半年前に転校してきた野咲春花は、よそ者として3年1組のク... 関連ページ:ミスミソウ

SHARE
EC
Amazon
logo