乙女座のシャカ

聖闘士星矢(テレビアニメ)の登場人物。読みは「ばるごのしゃか」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
聖闘士星矢(テレビアニメ)
正式名称
乙女座のシャカ
ふりがな
ばるごのしゃか

総合スレッド

乙女座のシャカ(聖闘士星矢)の総合スレッド
2016.03.22 15:51

概要

乙女座を守護星座に持つ黄金聖闘士で、黄金十二宮の処女宮を守護している。その実力の高さと超常的な力を操ることから「神に最も近い男」と呼ばれる。常に両目を閉じているのは、五感の1つである視覚を自らの意思で遮断し、第六感である小宇宙を常に高めているため。

仏陀の生まれ変わりとも言われ、神仏の教えに忠実であるが、弱者への慈悲の心を持たず、正義のためなら躊躇なく敵を葬る非情さも持ち合わせている。

必殺技は天魔降伏(てんまこうふく)、六道輪廻(りくどうりんね)、天舞宝輪(てんぶほうりん)など。

登場作品

この世に邪悪がはびこるとき、必ずや現れるという希望の闘士「聖闘士(セイント)」となった主人公の星矢は、ライバルや強敵と戦うたびに聖闘士の自覚に目覚めて成長していく。時には傷付き、時には苦悩しながらも、...