乙女座のシャカ

聖闘士星矢(漫画)の登場人物。読みは「ばるごのしゃか」。鳳凰星座の一輝とはライバル関係。

  • 乙女座のシャカ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
聖闘士星矢(漫画)
正式名称
乙女座のシャカ
ふりがな
ばるごのしゃか

総合スレッド

乙女座のシャカ(聖闘士星矢)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

黄金十二宮を守護する黄金聖闘士のひとり。仏陀の転生と言われ、黄金聖闘士の中でも「最も神に近い男」と呼ばれる実力者。時空を超えて移動したり、神と対話するなど、ペガサス星矢たちとは次元の違う力を持つ。人の本質を見抜く力も突出しており、かつて暗黒聖闘士として復讐にとりつかれていたフェニックス一輝に良心が残っていることを見抜いてとどめを刺さなかった。

また教皇に成り代わった双子座のサガに仕えていたのも、彼の中にある善の心を見ていたためである。そして双子座のサガが倒れた後はアテナに忠誠を誓い、ペガサス星矢たちを導く。冥王ハーデスとの戦いにおいては、圧倒的な戦闘力で多数の冥闘士たちを一撃で粉砕。

復活した双子座のサガ山羊座のシュラ水瓶座のカミュの3人にもひとりで対抗したが、冥王ハーデス討伐のために冥界へ入るため、あえて技を受けて死を装った。そして嘆きの壁の破壊のために自らを犠牲にしようとしたペガサス星矢を止め、他の黄金聖闘士たちと共に嘆きの壁を破壊して消滅する。

登場人物・キャラクター

ペガサス星矢とは城戸光政を父とする異母兄弟。また、アンドロメダ瞬とは母親も同じ兄弟。当初はペガサス星矢たちと敵対する暗黒聖闘士として登場するが、やがて共に戦う仲間となる。もともとは弟のことを思いやる兄...
黄金十二宮を守護する黄金聖闘士のひとりだが、教皇シオンを暗殺し、彼に成り代わっていた者の正体でもある。双子座のカノンとは双子の兄弟。かつては人々から慕われる柔和な心の持ち主であったが、教皇シオンが次期...

登場作品

世界観ギリシャ神話をモチーフに、星座を象った聖衣(クロス)と呼ばれる鎧をまとった少年たちの戦いを描く物語。聖衣を再現したフィギュア玩具が記録的な売り上げを見せるなど、漫画のみにとどまらず、様々な媒体で...