乙橘 槙絵

乙橘 槙絵

無限の住人(漫画)の登場人物。読みは「おとたちばな まきえ」。

登場作品
無限の住人(漫画)
正式名称
乙橘 槙絵
ふりがな
おとたちばな まきえ
関連商品
Amazon 楽天

概要

逸刀流に所属する若い女性剣士。前髪を目の上で切ったショートカットヘアをしている。天津影久とははとこの関係にあたり、遊女として暮らしていたところを、影久に身請けされる形で逸刀流にやって来た。幼少時の影久を野犬から救ったことがあり、影久からは師と仰がれるほどの腕前の持ち主。しかし10歳の時に兄を剣術で破り、結果的に自死に追いやったことで、母親とともに家から追放され、ともに遊女になる他なかった過去から、自らの剣の腕前を前向きにとらえることができずにいる。

影久とは次第に親しくなり、恋仲になっていく。

関連人物・キャラクター

天津 影久

逸刀流の2代目統主で22歳の男性剣士。前髪を真ん中で分けて額を全開にし、胸まで伸ばしたストレートロングヘアを後ろで1つに結んでいる。女性のように細身で美しい容姿をしているが、「天才」と評されるほどの剣... 関連ページ:天津 影久

関連キーワード

逸刀流

50年ほど前、剣道道場「無天一流・浅野道場」を破門になった天津三郎が興した流派。2代目である天津影久が流派を継いで以降、「国中の剣という剣を滅ぼし、あらゆる流派の垣を取り除いてみせる」という願いのもと... 関連ページ:逸刀流

登場作品

無限の住人

不老不死の身体を持つ男が、両親を亡くした少女の用心棒となり、少女の仇を討つため戦う冒険活劇。「月刊アフタヌーン」1993年8月号から2013年2月号にかけて連載された。 関連ページ:無限の住人

SHARE
EC
Amazon
logo