九佐井 一平

プロ マージャン界の光と影(漫画)の主人公。読みは「くさい いっぺい」。羽根満男とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
プロ マージャン界の光と影(漫画)
正式名称
九佐井 一平
ふりがな
くさい いっぺい

総合スレッド

九佐井 一平(プロ マージャン界の光と影)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

『プロ マージャン界の光と影』の主人公の一人。賭博としての麻雀にこだわり、競技麻雀の舞台でも粗野な態度を変えない、九州訛りの青年。麻雀経験は浅いが勝負強さを持ち、対戦者、特に羽根満男の麻雀における癖をよく覚え、その隙を突くという戦い方をする。新人王戦を失格となるも、荒巻竹男からイカサマを学び、一時は牌義塾に居着くが、ここも飛び出す。

その後、大阪で根崎雀歩に目をかけられ、四季王杯で羽根満男と再び対決する。

登場人物・キャラクター

『プロ マージャン界の光と影』の主人公の一人。麻雀吾郎の小説に憧れ、雀士を目指していた無職の青年。出入りの雀荘で麻雀吾郎と出会い、新人王戦へ出場するきっかけとする。同時期に麻雀吾郎と会った九佐井一平の...

登場作品

一流の雀士に憧れるものの町の雀荘でくすぶっていた羽根満男は、麻雀吾郎との出会いを期に新人王戦へ参加し、競技麻雀のプロ雀士として名を売っていく。一方、羽根と同じく麻雀吾郎と知り合った九佐井一平は、その身...