九 千怜

九 千怜

極黒のブリュンヒルデ(漫画)の登場人物。読みは「いちじく ちさと」。

登場作品
極黒のブリュンヒルデ(漫画)
正式名称
九 千怜
ふりがな
いちじく ちさと
関連商品
Amazon 楽天

概要

ヴィンガルフの所長。冷酷無比な性格で、目的のためには手駒の魔法使いたちを容赦なく使い捨てる。東京大学で同じ生化学ゼミを受講した柱谷小五郎が「私は彼以上の俊英に出会ったことがない」と評するほどの天才。著しく人間性を欠いており、「不死の生命」研究のためならば、どんな犠牲を払っても構わないと考えている。

妹の怜那を病気で亡くしている。

登場作品

極黒のブリュンヒルデ

自分の不注意により幼なじみの少女クロネコを事故で死なせてしまった村上良太は、事故から10年後の高校2年生になっても贖罪の意識に囚われていた。ある日、村上のクラスに、転校生の少女、黒羽寧子がやってくる。... 関連ページ:極黒のブリュンヒルデ

SHARE
EC
Amazon
logo