九州のジジババ

九州のジジババ

片岡さんちのクリコちゃん(漫画)の登場人物。読みは「きゅうしゅうのじじばば」。別称、ブラックホール。

登場作品
片岡さんちのクリコちゃん(漫画)
正式名称
九州のジジババ
ふりがな
きゅうしゅうのじじばば
別称
ブラックホール
関連商品
Amazon 楽天

概要

片岡クリコの母方の祖父母。月子の両親。巨大な天然パーマの頭に黒い服を着ているため、最初に画面に登場したときは黒い球体として描かれ、さなえに「ブラックホール」と呼ばれる。クリコのピンチを察知し、連絡もなく上京する。クリコを甘やかし、3万円の小遣いを与える。

クリコとマサルは彼らを「九州のジジババ」と呼ぶ。

登場作品

片岡さんちのクリコちゃん

とある商店街にあるそば屋「かたおか」の娘である小学3年生の少女、片岡クリコと、その家族が、日常と少しずれた発想で起こす騒動を描いた、ナンセンスなテイストが強いギャグ漫画作品。 関連ページ:片岡さんちのクリコちゃん

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
片岡 クリコ
コージ
ハゲノ神社神主
ケリー 安藤
場所
そば屋 かたおか
logo