九重 宗介

九重 宗介

東亰ザナドゥ(漫画)の作品登場人物。読みは「ここのえ そうすけ」。

登場作品
東亰ザナドゥ(漫画)
正式名称
九重 宗介
ふりがな
ここのえ そうすけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

九重神社の神主を務める男性。時坂洸九重永遠の祖父の祖父にあたる。年齢は70歳。高齢だが身体能力は非常に高く、代々受け継がれてきた古武術である九重流柔術を修めた実力者で、永遠や洸にも武術を教えていた。また、玖州に本家を構える郁島流とも親交があり、その縁で東亰に引っ越して来た郁島空に稽古をつけている。

厳格な雰囲気を持つ一方で、茶目っ気のある一面も持っており、孫達にもつねに愛情を持って接している。しかし、洸の深夜アルバイトに対しては厳しく、時折説教を食らわせる事もある。10年前の東亰震災の折では、グリムグリード夕闇の使徒を討伐する部隊の一員として出撃しており、レムとも面識がある。これらの事を洸や永遠に語った事はなかったが、再び杜宮市が夕闇の使徒の脅威にさらされた時は、自らの出自を明かすと共に、洸やX.R.Cを支える役割を担った。

登場作品

東亰ザナドゥ

TVゲーム『東亰ザナドゥ』のコミカライズ作品。異界と呼ばれる世界から現れるグリードの脅威に対応すべく、彼らと戦う力を持つ少年少女達の活躍を描く。『コミッククリア』に2016年から連載の作品。 関連ページ:東亰ザナドゥ

SHARE
EC
Amazon
logo