乾 雄一郎

乾 雄一郎

いろはにほう作(漫画)の登場人物。読みは「いぬい ゆういちろう」。豪徳寺 経堂とはライバル関係。

登場作品
いろはにほう作(漫画)
正式名称
乾 雄一郎
ふりがな
いぬい ゆういちろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

ほう作や栗之介の通う世田谷区立大中小学校を代表するプレイボーイで、いつも取り巻きの女の子に囲まれている。ぱっと見は田舎者のブスだけど、取り巻きと違って優しく献身的な黒田姫子に興味を抱き、彼女を自分のガールフレンドの一員にしようとするが、ほう作に邪魔されてばかり。秋の発表会で姫子を白雪姫に推薦したのも彼である。

どうしても自分になびかない姫子とキスしようとあの手この手で挑むが、ほう作だけでなく姫子の惚れた経堂とも恋の争いをするようになる。修学旅行でも姫子にキスしてもらおうとするが、それを阻止する経堂にくちびるを奪われていた。

関連人物・キャラクター

豪徳寺 経堂

姓の豪徳寺ではなく名前の経堂で呼ばれる。ほう作や栗之介の通う世田谷区立大中小学校の文芸部メンバーの一人。七三分けの髪型に四角い眼鏡、こけた頬に牙のような犬歯が特徴的なインテリ少年。文芸部の部長である橘... 関連ページ:豪徳寺 経堂

黒田 姫子

馬尻村出身でほう作の幼なじみ。頭は良く、面倒見もいい母性あふれる少女である。彼のことを慕って上京し、親の反対を押し切って従姉妹の黒田松恵の家から世田谷区立大中小学校に通う。当初はぽっちゃりしたモンペ姿... 関連ページ:黒田 姫子

関連キーワード

世田谷区立大中小学校

世田谷区にある小学校で、九州から転校してきたほう作や姫子もこの小学校で学ぶ。屋外にプールがあるけれど、冬は水が抜かれている。ほう作たちの卒業式は第51回卒業式と看板に書かれていた。

登場作品

いろはにほう作

コピーライターを目指す少年色埴ほう作の、小学校5年生から中学入学までの生活を描く。最終章は「天才の章」と呼ばれており、ほう作が本物のアホから本物の天才へと変貌する。一発ギャグが多く出てくるのが特徴。 関連ページ:いろはにほう作

SHARE
EC
Amazon
logo