二宮光の母

ちかいの魔球(漫画)の登場人物。読みは「にのみやひかるのはは」。二宮光とは親族関係にある。

  • 二宮光の母
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ちかいの魔球(漫画)
正式名称
二宮光の母
ふりがな
にのみやひかるのはは

総合スレッド

二宮光の母(ちかいの魔球)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

何か訳あって、二宮光と離れて暮らしている。巨人対大洋最終戦前に、の元に届いた故郷のじいやからの手紙では、夏に倒れ、白血病という診断がされている。対デトロイト・タイガース戦を観戦しており、試合後にと再会した。

登場人物・キャラクター

静岡県浜松市出身。母親と別居し、叔父の家で働きながら学校へ通う。富士高校のエースとして甲子園を目指すが、その夢はライバル校の謀略に敗れる。その後、プロ球界からのスカウトで、昭和36年、巨人軍へ入団。左...

登場作品

魔球を投げる富士高校野球部エース二宮光とキャッチャーの久保田吾作は、地区予選でライバル校の謀略で出場辞退となってしまう。しかし、プロ球団からスカウトされ、読売巨人軍に入団。最初の魔球から新魔球、第三の...