二重の極み

二重の極み

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)に登場する技。読みは「ふたえのきわみ」。

登場作品
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)
正式名称
二重の極み
ふりがな
ふたえのきわみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

破壊の極意とされる、あらゆるものを打ち砕く必殺技。攻撃の際に、衝撃を二回与えることにより、一撃目で対象の抵抗力を無くし、二撃目の衝撃を百%叩きこむ。悠久山安慈は、全身からこの技を放つことが出来る。相良佐之助は、右腕でしか放つことは出来ないものの、二撃目に加えて三回目の衝撃を放つ、三重の極みを編み出した。

登場作品

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

世界観「誰もが平和に暮らせる世の中を」という信念のもと、剣心が弱い者を理不尽な暴力や争いから守っていくというのが本作の大まかな流れである。また、物語全体を通してテーマとなっているのが、過去に対する「贖... 関連ページ:るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-
logo