二重の極み

二重の極み

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)に登場する技。

登場作品
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)
正式名称
二重の極み
ふりがな
ふたえのきわみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

破壊の極意とされる、あらゆるものを打ち砕く必殺技。攻撃の際に、衝撃を二回与えることにより、一撃目で対象の抵抗力を無くし、二撃目の衝撃を百%叩きこむ。悠久山安慈は、全身からこの技を放つことが出来る。相良佐之助は、右腕でしか放つことは出来ないものの、二撃目に加えて三回目の衝撃を放つ、三重の極みを編み出した。

登場作品

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

幕末の動乱、「人斬り抜刀斎」と恐れられた維新志士緋村抜刀斎は、新時代・明治の幕開けとともに突如姿を消してしまう。抜刀斎の名を捨て緋村剣心として生きる事を決めた彼は、「不殺」の信念のもと、決して人を斬る... 関連ページ:るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-
logo