二階堂 キミオ

二階堂 キミオ

ジゴロ次五郎(漫画)の登場人物。読みは「にかいどう きみお」。別称、不死身のニカ。

登場作品
ジゴロ次五郎(漫画)
正式名称
二階堂 キミオ
ふりがな
にかいどう きみお
別称
不死身のニカ
関連商品
Amazon 楽天

概要

行政道路の死神と恐れられる武闘派暴走族、緋狼の総長。前代の曾我蓮と総長の座をかけてのチキンレースを行い、蓮がトラックに激突して重症を負ったのに対し、ニカはかすり傷程度だったため、不死身のニカと呼ばれるようになる。乗った人間は必ず事故死するが、単車は生き残るため不死車とあだ名されるKZ1000MK.Ⅱを取り憑かれたように乗り回し、同じ妖車の匂いを嗅ぎとったシルビアに興味を持つ。

石川次五郎の地元で暴走族や走り屋チームを狩り始め、ついには石川九州男すら撃破。それと同時に不死車が乗り手であるニカに牙を剥き、生命を奪おうとし始める。だが、次五郎シルビアによって不死車の呪いから解き放たれた。

以後、憑物が落ち、次五郎らに謝罪。なお、加納洋介とは旧知の仲である。

登場作品

ジゴロ次五郎

車を愛する主人公の石川次五郎はアルバイト中の諍いがきっかけで、地元で有名な不良の岡田秀樹と車を使ったナンパ対決をすることに。自分の車を持っていなかった次五郎は、解体屋で運命的に伝説の妖車シルビアと出会... 関連ページ:ジゴロ次五郎

SHARE
EC
Amazon
logo