五郎の祖父

ジャパッシュ(漫画)の登場人物。読みは「ごろうのそふ」。日向 光とはライバル関係。石狩 五郎とは親族関係にある。

  • 五郎の祖父
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ジャパッシュ(漫画)
正式名称
五郎の祖父
ふりがな
ごろうのそふ

総合スレッド

五郎の祖父(ジャパッシュ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

20世紀初頭に学術調査で訪れたマヤ文明の遺跡から預言者が残した世界の征服者達の名が刻まれた石碑を発掘する。解読した時点ではヒットラーとジャパッシュはまだ登場していなかったが、第2次大戦でドイツがポーランドに侵入した時の指揮官がヒットラーだと知ると、ジャパッシュの誕生を恐れるようになる。

小学生の孫石狩五郎が家に連れて来たクラスメイトの日向光を見るなり、即座にジャパッシュと確信し、殺害を試みるが逆襲されてしまう。その後家を焼かれ、助けに来た石狩五郎日向光の正体を告げ息絶えた。

登場人物・キャラクター

マヤ文明の遺跡から独裁者達の名前を預言した石碑を発掘した学者の孫。幼い頃日向光に祖父を殺された際に、助け出そうと火事の中に飛び込んだために、同級生からフランケンシュタインが腰を抜かすと揶揄されるほど顔...
マヤ文明の預言書に書かれていた1956年12月8日生まれで、後に私設軍隊ジャパッシュを立ち上げ、日本を自分の思い通りに支配しようと企む。貧乏な八百屋の息子として生まれ、学生時代から勉強やスポーツの成績...

登場作品

20世紀初頭、マヤ文明の遺跡を発掘調査していた日本の調査隊が巨大な石碑に刻まれた文字を解読した所、それは世界を征服する数々の独裁者の名を記した預言書で、その最後にはまだ知らないジャパッシュという名が刻...