井上 勘兵衛

あずみ(漫画)の登場人物。読みは「いのうえ かんべえ」。

  • 井上 勘兵衛
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
あずみ(漫画)
正式名称
井上 勘兵衛
ふりがな
いのうえ かんべえ

総合スレッド

井上 勘兵衛(あずみ)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

加藤清正の側近。幼少期、徳川家康によって両親と姉を惨殺されたことにより、復讐を生涯の目的としている。大坂城落城の際、徳川本陣に単独で斬り込んだことで半身に火傷を負ってしまう。同名の実在人物をモデルにしている。

関連キーワード

太閤秀吉の遺児である豊臣秀頼が城主として治める城。徳川家康の孫娘である千姫や、太閤秀吉の側室である淀の方もここに滞在していた。後に徳川家康らによって焼き払われる。

登場作品

戦国時代、内乱を起こそうとする者たちを暗殺するため、密命を受けた小幡月斎(爺)の手によって、少女あずみを含む10人の子どもたちが刺客として養成されていた。そして、剣の達人となったあずみは、共に育てられ...