井台 半

ミライザーバン(漫画)の主人公。読みは「いだい ばん」。別称、バン。

  • 井台 半
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ミライザーバン(漫画)
正式名称
井台 半
ふりがな
いだい ばん
別称
バン

総合スレッド

井台 半(ミライザーバン)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

短足ガニ股ド近眼の冴えない少年。両親は優秀な科学者だが、彼の学校の成績は常に低迷している。両親が開発した技術により、脳細胞の全てが活性化、過去から未来、全ての時代の記憶を持つミライザーバンへと覚醒してしまう。覚醒後は頭脳明晰、武芸百般に通ずる超人となり、彼の無限の記憶を狙う謎の組織と戦うことになる。

バン自身は本来の自分へ戻ることを切望している。

関連キーワード

『ミライザーバン』に登場するマシン。ミライザーバンとなった井台半の精神を過去や未来のミライザーバンへと転送する装置。井台博士夫妻の研究成果の一つで、助手の有紀螢が受け継いだ。各時代のミライザーバンが見...
『ミライザーバン』に登場する航空機。双胴の大型機で地球上最大歴史上最大の航空機と呼ばれる。設計者は切破博士という新進の技術者で、彼の開発した航空機は、全ての世界記録を破り、先進国から30年は遅れている...
『ミライザーバン』に登場する一族。井台博士の実験を基に誕生した超人類。肉体は死滅しても、その記憶は不滅で子々孫々へと受け継がれていく。過去から未来、全ての時代のミライザーバンに意識のみを転位させること...

登場作品

西暦1976年。冴えない少年・バン(井台半)は、科学者である両親を実験による爆発で失ってしまう。その後、怪しげな組織に狙われるバンを救ったのは、両親の助手・有紀螢であった。螢によって両親の研究の実験体...