亜城木 夢叶

バクマン。(第1シリーズ)(テレビアニメ)の登場人物。読みは「あしろぎ むと」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
バクマン。(第1シリーズ)(テレビアニメ)
正式名称
亜城木 夢叶
ふりがな
あしろぎ むと

総合スレッド

亜城木 夢叶(バクマン。(第1シリーズ))の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

『バクマン。(第1シリーズ)』に登場する架空の漫画家。中学時代より漫画家を目指して努力を重ねてきたふたり組のコンビ、真城最高高木秋人のペンネーム。処女作である「ふたつの地球」、手塚賞の最終候補に残った「一億分の」までは本名で活動していたが、3作目にして雑誌「[ジャックNEXT!

]」の初掲載作品である「この世は金と知恵」からこのペンネームで活動する。亜豆美保真城最高高木秋人の夢が叶うように、という願いを込め、高木秋人と交際していた見吉香耶が名付けた。

登場人物・キャラクター

『バクマン。(第1シリーズ)』の主人公のひとり。あだ名はシュートだったが、真城最高からは「格好よくて自分のサイコーというあだ名と釣り合わない」という理由でシュージンと呼ばれる。スポーツ万能、学業も校内...
『バクマン。(第1シリーズ)』に登場する架空のキャラクター。亜豆美保の親友で、ちょっとした誤解がきっかけで高木秋人と交際を始める。お節介焼きで、亜豆美保と真城最高の仲を進展させたいと願い、アレコレ行動...
『バクマン。(第1シリーズ)』に登場する架空のキャラクター。漫画家を目指す中学生真城最高の同級生で、声優となることを夢見て活動を行っている。最高と高木秋人から漫画家になる決意を伝えられ、その流れで最高...
『バクマン。(第1シリーズ)』の主人公のひとり。あだ名はサイコー。少年時代は漫画家となることを夢見ていたが、憧れていた漫画家の叔父川口たろうが激務で亡くなったとき、その夢を一度は諦めた。だが中学生のと...

登場作品

毎日をぼんやりと過ごしていた中学生の真城最高。ある日、同級生の高木秋人からコンビを組んで漫画家になろうと誘われる。最高が片思いしている同級生亜豆美保へ漫画家になる決意を伝え、さらにそのまま勢い余って、...