今 三太郎

今 三太郎

あかつき戦闘隊(漫画)の登場人物。読みは「こん さんたろう」。

登場作品
あかつき戦闘隊(漫画)
正式名称
今 三太郎
ふりがな
こん さんたろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

九州・小倉の生まれ。歯の出た顔で、口達者でお調子者。太平洋戦争中パゴス島を守る日本海軍のあかつき戦闘隊に所属する海軍二等飛曹。母親の写真を肌身離さず持っている。八雲剛一郎が隊長として赴任するまでの実績は出撃20回だが撃墜は0回。隊長として赴任した八雲剛一郎には何かというと喰ってかかる。

関連人物・キャラクター

八雲剛一郎

東京・神田で旗本の子孫として生まれ、剣道・柔道の達人。海軍兵学校を出て間もなくパゴス島のあかつき戦闘隊に隊長として赴任する。階級は海軍中尉。経験の浅さゆえ飛行技術や射撃は稚拙で部下からも見下されがちだ... 関連ページ:八雲剛一郎

登場作品

あかつき戦闘隊

昭和18年、太平洋戦争。海軍の重要拠点パゴス島のあかつき戦闘隊に、若い海軍中尉八雲剛一郎は隊長として赴任する。曲者揃いの隊員達とぶつかり合いながらも、敵軍と死闘を繰り広げる。 関連ページ:あかつき戦闘隊

SHARE
EC
Amazon
logo