今越 カズミ

今越 カズミ

BLACK BRAIN(漫画)の登場人物。読みは「いまこし かずみ」。

登場作品
BLACK BRAIN(漫画)
正式名称
今越 カズミ
ふりがな
いまこし かずみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

潔癖でありたいと強く願う精神性に着目したマザー・ヨサノが、精神的にも象徴的にも母なる存在になるべく選び出した。人との接触も不潔と感じるほどの激しい潔癖症。マザー・ヨサノから送られた、身体改造キットであるサイバーパーツを使い、徐々にサイバー化していく。

その際に自分に好意を寄せる浦口ナオユキを実験台に使用した。浦口ナオユキが宮前カオル石田リカの中学時代の同級生であったことから、宮前カオルが事件に介入することになる。自分をストーキングしていた伊集院ヒトミ]も実験台に使用することで、サイバー化が加速していく。今越カズミがサイバー化する際に、実験台となった人々は、今越カズミを母親として慕うようになる。

宮前カオルの説得で伊集院ヒトミ]が裏切ったため、マザー・ヨサノによって強制的に完全サイバー化が施された。人工子宮はサイバー・チップ生成のためホモ・デジタリアンの未来時空とリンクしている。宮前カオル受波脳が人工子宮から侵入したため、受波脳をホモ・デジタリアンの未来時空へ呼び込んでしまう。

トマソン・藤堂の介入によって、サイバー化した体は破壊され、浦口ナオユキが保管していた人体パーツを利用して、人間体に復元された。

登場作品

BLACK BRAIN

高校生宮前カオルがヒトから進化した41世紀の人類ヒテロの代行者として、外骨格化人類や水棲人類、ホモ・デジタリアンなどの邪進化を阻止するために戦う。受波脳という特殊器官を移植された宮前カオルが、相手の身... 関連ページ:BLACK BRAIN

SHARE
EC
Amazon
logo