仕掛人

仕掛人

仕掛人 藤枝梅安(漫画)の用語。読みは「しかけにん」。

登場作品
仕掛人 藤枝梅安(漫画)
正式名称
仕掛人
ふりがな
しかけにん
関連商品
Amazon 楽天

概要

江戸時代、依頼人からの「殺し」の依頼を仲介者をへて金銭で請け負い、暗殺する稼業の者を仕掛人と呼んだ。その存在は一般には知られておらず、一部の裏稼業の人間たちのみの間で流布した言葉であるとされる。『仕掛人 藤枝梅安』の原作者である小説家の池波正太郎が独自に考案した名称である。

登場作品

仕掛人 藤枝梅安

江戸時代後期。江戸の郊外・品川台町の鍼医者・藤枝梅安は腕もよく、面倒見のよい人柄で患者から頼りにされていた。しかし、藤枝梅安には人に知られてはならない秘密があった。藤枝梅安の裏の顔は、金で殺しを請け負... 関連ページ:仕掛人 藤枝梅安

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
仕掛人 藤枝梅安
logo