付喪神

付喪神

SHORT PEACE_九十九(アニメ映画)の登場人物。読みは「つくもがみ」。

登場作品
SHORT PEACE_九十九(アニメ映画)
正式名称
付喪神
ふりがな
つくもがみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

「九十九」に登場する妖怪。長く使われた道具に魂が宿った存在。壊れたり用済みになって人間から打ち棄てられたことに悲しんでいる。劇中では蛇の目蛙反物小町のほか、茶碗や湯呑みなどのガラクタの集合体が現れて悪臭を放ちながら飛び回った。

本作の題名「九十九」は「つくも」と読み、付喪神という名前への掛けことばになっている。

関連人物・キャラクター

蛇の目蛙

「九十九」に登場する妖怪。破れた傘が付喪神になったお化け傘たちの一匹。手のひらサイズの小さな蛇の目傘が組み合わさって蛙の形になっている。恨みごとに節をつけて唄うお化け傘たちの音頭をとる。 男が他の傘と共に修繕してやったことで満足して消える。

反物小町

「九十九」に登場する妖怪。流行遅れで箪笥の奥にしまいこまれた反物が付喪神になっている。ふすまに描かれた美人画が反物たちの嘆きを男に伝えた。男が布地の肌触りを褒め、異なる柄の反物を縫い合わせて新しく洒落た柄に生まれ変わらせてやったことで満足して消える。

登場作品

SHORT PEACE_九十九

オムニバス形式アニメ映画『SHORT PEACE』内の1編。「九十九」は第16回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞で審査委員会推薦作品に選ばれた。森田修平監督は本作以前にやはりフルCGの『FR... 関連ページ:SHORT PEACE_九十九

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
場所
logo