• MOMO (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 代表者

代表者

代表者

MOMO(漫画)、小田切夢が担うことになった役割。読みは「だいひょうしゃ」。

登場作品
MOMO(漫画)
正式名称
代表者
ふりがな
だいひょうしゃ
関連商品
Amazon 楽天

概要

その星の代表としてモモと2年間過ごし、存続に足る理由を7ポイント示すことが使命。代表者の証としてブレスレットを受け取り、ポイントを獲得した際は鎖にチャームが追加される形でカウントをする。ポイントを獲得してもブレスレットを装着していない場合は無効となるため、代表者はブレスレットを肌身離さず持っていなくてはならない。

権利の譲渡は可能で、その星の人間同士が納得済みであれば、モモが代表者変更について意見することはできない。

登場作品

MOMO

普通の女子高生の小田切夢は16歳の誕生日に自らを「大魔王」と名乗る不思議な少女・モモと出会う。父の失踪や失恋、定期テストの誤回答など不運が続く夢は、彼女に思わず「特別な存在になりたい」と愚痴をこぼすが... 関連ページ:MOMO

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo