仲宗根 弘

仲宗根 弘

ハイサイ!甲子園 ~島人が燃えた1958年~(漫画)の主人公。読みは「なかそね ひろし」。

登場作品
ハイサイ!甲子園 ~島人が燃えた1958年~(漫画)
正式名称
仲宗根 弘
ふりがな
なかそね ひろし
関連商品
Amazon 楽天

概要

小柄な老人。実在の元高校球児・仲宗根弘がモデル。昭和33年(1958)当時、沖縄県立首里高校野球部の主将。1958年春の甲子園に招待され、早稲田実業学校の王貞治ら全国レベルの高校野球を目の当りにする。幾多の困難の中、1県1校代表となったその年の夏の予選を勝ち上がり、再び甲子園の土を踏み選手宣誓をする。

本作品は、彼の回想の形で物語が進む。

登場作品

ハイサイ!甲子園 ~島人が燃えた1958年~

2008年春。テレビでは甲子園での球児の活躍が放映されていた。東都日報の新米記者・滝本は沖縄県球児の軌跡の取材を命じられ、仲宗根弘の元を訪れる。彼の回想から物語は始まる。昭和33年(1958)春。当時... 関連ページ:ハイサイ!甲子園 ~島人が燃えた1958年~

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
福原 朝悦
石川 善一
滝本
logo