仲町 フサエ

仲町 フサエ

からくりサーカス(漫画)の作品登場人物。読みは「なかまち ふさえ」。

登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
仲町 フサエ
ふりがな
なかまち ふさえ
関連商品
Amazon 楽天

概要

仲町信夫の妻。得意な芸はカンスー(高綱渡り)。「高綱のフサエ姐」と呼ばれるほどの実力芸人で、美女なうえに気が強く、付き合いづらいと思われがちだったが、実は情に厚くて涙もろい。実の母親に捨てられていた仲町紀之(ノリ)と仲町浩男(ヒロ)を引き取って仲町サーカスで育てた。ノリとヒロには最初は受け入れてもらえなかったが、日々の生活において彼らに対して一生懸命なのを認められて「母ちゃん」と呼ばれるようになる。

7年前、発熱をおして出場した名古屋公演の最中、高綱から落下し搬送された病院で息を引き取った。

登場作品

からくりサーカス

拳法の達人である加藤鳴海と、莫大な財産を相続したため親族に命を狙われるようになった才賀勝、そして「しろがね」を名乗るエレオノールという女性を中心にした、人類と、人類に仇なす自動人形との戦いを描いたファ... 関連ページ:からくりサーカス

SHARE
EC
Amazon
logo