伊佐 奈津

伊佐 奈津

かむろば村へ(漫画)の登場人物。読みは「いさ なつ」。中主とは親族関係にある。

登場作品
かむろば村へ(漫画)
正式名称
伊佐 奈津
ふりがな
いさ なつ
関連商品
Amazon 楽天

概要

伊佐旅館の女将で、中主の娘。どこか憂いのある美女で、何も望まない生き方をしている。過去に、天野与三郎と関係を持ったことは、村では公然の秘密となっている。

関連人物・キャラクター

中主

村人からは神様と呼ばれている老人。おんごろ温泉、伊佐旅館、古墳のある山の所有者であり、おんごろ温泉の源泉に自由に浸かれるのは中主だけである。普段はカメラを持って村をぶらぶらしているだけだが、村で何かを... 関連ページ:中主

天野与三郎

かむろば村の村長。村にひとつだけあるスーパー、スーパーあまのを経営している。高見武晴が移住した当初から何かと面倒をみてくれる。誰に対しても異常に面倒見がよく、頼まれたら何でもやる。元伊佐旅館の従業員で... 関連ページ:天野与三郎

関連キーワード

かむろば村

人口495人、65歳以上198人、高齢化率40%で、以前、隣の青石市との合併話が持ち上がったが、住民投票の結果反対98%で合併はなくなった。病院、学校、警察、そして郵便局もない寒村。村には古墳があり、... 関連ページ:かむろば村

登場作品

かむろば村へ

4年間勤めた銀行をリストラされ、金を一銭も使わずに生きていこうと決意した高見武晴は、かむろば村に移住してきた。高齢化、過疎化が進むかむろば村の住人は、やたらと面倒見のいい村長や、神様とよばれる謎の老人... 関連ページ:かむろば村へ

SHARE
EC
Amazon
logo