伊武谷 万二郞

伊武谷 万二郞

陽だまりの樹(漫画)の主人公。読みは「いぶや まんじろう」。

登場作品
陽だまりの樹(漫画)
正式名称
伊武谷 万二郞
ふりがな
いぶや まんじろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

『陽だまりの樹』の主人公のひとり。生年天保元年(物語の始まった時点で26歳)。松平播磨守家中。隠居した父の禄を継いで出仕。禄高15俵2人扶持。千葉周作の玄武館に入門するが3日目に千葉周作は死去。体力があり、毎朝、出仕の際の早駆けで完走。不器用、無鉄砲な性格から争いごとに巻き込まれることがしばしば。

斬り合いに当たってはマイペースとなり戦わずして敵を呑む戦いぶりを見せる。安政の大地震で、群衆を安全な場所に導いた統率力が老中筆頭阿部正弘の目にとまる。アメリカ人下田総領事タウンゼント・ハリスが宿舎とする玉泉寺の常任警護役を命ぜられるが、安政の大獄で、一橋派とみられた伊武谷万二郞も政争に巻き込まれ、無実の罪で死罪になろうとするところ、手塚良庵らの手で救い出され九死に一生を得る。

その後、幕府から百石で召し抱えられ歩兵組隊長となり、後に歩兵隊大隊長となるが、保身に走る幕府閣老らに勝海舟が解任されると同時に伊武谷万二郞も解任。幕府の再興を願う伊武谷万二郞は絶望するが、あくまで幕臣であることにこだわって、上野の彰義隊に加わった。

敗走した後の消息は知られていない。

関連人物・キャラクター

おせき

善福寺住職の娘。伊武谷万二郞と手塚良庵の両方から嫁にと申し込まれるが、住職となる者でなければ、と断る。伊武谷万二郞に思いを寄せるが、すれ違いでそれぞれの思いを打ち明けられないでいるうち、善福寺を宿泊所... 関連ページ:おせき

登場作品

陽だまりの樹

陽だまりの樹は、見た目はりっぱな大木でも、中身は虫に食い荒らされている。太平の世に安住していた徳川幕府が、朽ちた大木のように今まさに倒れようとする時代に、あくまでも武士の生き方を貫く不器用な若者・伊武... 関連ページ:陽だまりの樹

SHARE
EC
Amazon
logo