伊賀野 カバ丸

伊賀野カバ丸(漫画)の主人公。読みは「いがの かばまる」。別称、伊賀野 影丸。

  • 伊賀野 カバ丸
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
伊賀野カバ丸(漫画)
正式名称
伊賀野 カバ丸
ふりがな
いがの かばまる
別称
伊賀野 影丸

総合スレッド

伊賀野 カバ丸(伊賀野カバ丸)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

伊賀忍者の末裔で本名は伊賀野影丸。高校生一年生。人里離れた山奥で、祖父・才蔵に怯えながら厳しい忍術修行をしていたが、才蔵が死んだため自由の身となる。その後、食い物に釣られて才蔵の知人・大久保蘭に引き取られ、蘭が経営する私立金玉学院に転校することに。常識外れな大喰らいで、一番の好物は学院隣のまんぷく堂のやきそば。

一緒に暮らすことになった蘭の孫娘、麻衣に一目ぼれする。マイペースで食い物のこと以外にはほとんど興味を示さないが、麻衣のためにはあらゆる努力を惜しまない。また、学院の影の番長・目白沈寝にはムチ攻撃とやきそばの「アメとムチ」でうまく操られる。超人的な身体能力を有しているのはもちろん、才蔵が長嶋茂雄や王貞治に野球指導をしていた関係で、両者とも仲良しで、野球も得意技である。

登場人物・キャラクター

「黒豹のジョー」と呼ばれる殺し屋。アティーファの母(ラブアルデ国第三国王夫人)に雇われ、ハリールの命を狙うが、ことごとく伊賀野カバ丸に邪魔され自滅する。

関連キーワード

東京にある規律と気品を重んじる名門校。学院長・大久保蘭の曽祖父が創立した。名前の由来は「金科玉条」から。生徒会長は野々草かおる、番長は白川だが、実際は影の番長・目白沈寝が権力を一手に握る。

登場作品

人里離れた山奥で、祖父・伊賀野才蔵から厳しい忍術修行を受けていた伊賀野カバ丸は、才蔵の死をきっかけに東京の私立金玉学院に転校することになる。学院長の大久保蘭は、才蔵とは旧知の仲で、カバ丸の金玉学院入学...