伊達 正義

武田みけん星(漫画)の登場人物。読みは「だて まさよし」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
武田みけん星(漫画)
正式名称
伊達 正義
ふりがな
だて まさよし

総合スレッド

伊達 正義(武田みけん星)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

仙台陸前高校1年生番長。実家は戦国時代から続いた名家で不動産業、観光事業などを経営する東北屈指の資産家。正義感が強く、筋の通らぬことを嫌う性格である。隻眼であり、右目を眼帯で覆っている。溺愛する妹を武田晴信の子分に襲われたと勘違いし、1度はぶつかり合ったが、誤解が解けた後は晴信の器のでかさに感銘を受け、「ラグビーによる天下取り」に合意した。

だが、その後「北海道独立」を画策する神聖一郎思想に共鳴し、武田晴信陣営を離脱。最後の川中島決戦では上杉景虎の同盟者となった。

登場人物・キャラクター

自ら戦国時代の名将上杉謙信の再来を自認する武田晴信最大のライバル。新潟県越後学園1年生にして、越後闘竜隊総帥。晴信同様高校1年生ながら、北陸全域を制圧した総番長である。天才的な頭脳を誇る容姿端麗な男で...

登場作品

山梨県の甲府風林高校1年生武田晴信は戦国武将武田信玄の生まれ変わりと言われ、その額の星型の痣から天下を取る宿命の元に生まれたと信じられていた。桁外れの度量と力にめぐまれた晴信は入学早々喧嘩を繰り返し、...