伊達 龍之介

ハレ婚。(漫画)の登場人物。読みは「だて りゅうのすけ」。別称、だてのスケ。

  • 伊達 龍之介
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ハレ婚。(漫画)
正式名称
伊達 龍之介
ふりがな
だて りゅうのすけ
別称
だてのスケ

総合スレッド

伊達 龍之介(ハレ婚。)の総合スレッド
2016.08.04 14:46

概要

『ハレ婚。』の登場人物。25歳の青年。だてのスケの芸名で活動する作曲家・ピアニストだったが、引退した。音楽活動による収入で北つばめ市に豪邸を購入し、まどか、大津ゆずと3人で暮らすように。だが小春の実家の借金を肩代わりするため、豪邸を売却。以後は小春を加えた3人の妻とともに、市の助成であてがわれたボロボロの古民家に引っ越す。

10年前、当時12歳だった小春と出会って恋に落ち、以来ずっと彼女を思い続けてきたという。一時期故郷を去って東京へ移り、再び帰郷した際にまどかをともなっていた。

登場作品

22歳の小春は東京で3人の男性とつき合うが、みな既婚者だったことが後で判明する。東京に嫌気がさして故郷の茨城県北つばめ市に帰るが、父親は病気で入院、家業の喫茶店と自宅は借金のカタに奪われる寸前。そんな...