伊集院・R・皇

テンペスト(漫画)の登場人物。読みは「いじゅういん・れべっか・こう」。別称、皇。

  • 伊集院・R・皇
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
テンペスト(漫画)
正式名称
伊集院・R・皇
ふりがな
いじゅういん・れべっか・こう
別称

総合スレッド

伊集院・R・皇(テンペスト)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

安斎・Y・姫の幼なじみ。を愛し、出産の義務が適用される18歳になったら、の子供を産もうとしていたが、中等部進級式の日、から自分が男性だと告白され、愛する人間に裏切られたとの思いから、出産、男性、黒髪、黒い瞳など、の記憶にまつわる全てを嫌悪するようになる。福祉科学省地方支局の遺伝子学課に勤務していたが、優秀な成績により若干18歳で特務研究局に招致され、月小路霧江の下で局員として働くことになる。

中央(特務研究局)志望の動機は出産義務の免除である。

登場人物・キャラクター

男性消失後の西暦3992年、産婦人科医の両親(母さんとママ)のもと、世界で唯一の男性としてこの世に生を受ける。伊集院・R・皇の幼なじみで、互いに愛し合っていたが、男性としての肉体を嫌悪して苦悩する。中...

関連キーワード

『テンペスト』に登場する組織。月小路霧江を局長とする福祉科学省の下部組織。今後最短50年で発生する女性消失を回避するため、SRY遺伝子の持ち主である男性を新たに作り出すという特務を受け、ゲノム操作のエ...

登場作品

21世紀に発生した男性消失により人類社会が女性のみで構成されるようになった西暦3992年、この世で唯一の男性として生を受けた安斎・Y・姫は、男性であることが原因となり、幼なじみの伊集院・R・皇と破局に...