伊集院 影韶

「坊っちゃん」の時代(漫画)の登場人物。読みは「いじゅういん かげあき」。

  • 伊集院 影韶
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
「坊っちゃん」の時代(漫画)
正式名称
伊集院 影韶
ふりがな
いじゅういん かげあき

総合スレッド

伊集院 影韶(「坊っちゃん」の時代)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

東京警視庁警視で、フランス留学経験者。夏目漱石と、留学中に知り合っている。山県有朋の覚えもめでたく、次期警視総監との話もある。柔道も四段で、知力・体力・権力全て持ち合わせたパワーエリート。それゆえ非常に傲慢。「和魂洋才」を説く。平塚らいてう森田草平から奪う。

この作品中では、彼が『坊っちゃん』の「赤シャツ」のモデルとされる。

登場人物・キャラクター

小説家で、明治39年3月に『破戒』を発表する。作中では伊集院影韶と平塚らいてうが知り合ったとされる、文学の会合で登場する。島崎が三人の子供を栄養失調で亡くしたことを伊集院がなじり、平塚が妻を文学の犠牲...
英国留学で神経を患い、親戚を含めた家族を養うために東京帝大・一高、明治大学で英文学の講師をしている。明治38年(1905年)11月で満38歳10ヶ月。ビヤホールで太田仲三郎、堀紫郎、森田草平、荒畑寒村...

登場作品

明治38年(1905年)11月、夏目漱石は酒場での縁で知り合った若い友人たちに、新しい小説の構想を語る。題は『坊っちゃん』であった。東京帝大・一高、明治大学で英文学の講師をしていた漱石だったが、西欧文...