伊集院 礼生

¥十億少女(漫画)の登場人物。読みは「いじゅういん れお」。

  • 伊集院 礼生
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
¥十億少女(漫画)
正式名称
伊集院 礼生
ふりがな
いじゅういん れお

総合スレッド

伊集院 礼生(¥十億少女)の総合スレッド
2016.07.27 13:24

概要

北条大我の腹違いの兄で、容姿が非常に似ている。母は北条莢子、父は伊集院彪斗。母と関係を結んだ大我を深く憎んでおり、大我が鹿の子を手に入れる為の十億円を用立てようと、共同経営の会社の株を無断で売却したことをきっかけに、復讐を開始した。大我が伊集院邸から去った後、北条莢子が彼を求める余り、関係を持ったこともあった。

妹・?子が死んだのは自分の所為と思い詰めている。ファロー四徴症という心臓の先天性疾患が有り、秘密裏に手術を行なっていたが、父・彪斗に知られ、後継者としてふさわしくないと言われた。鹿の子を自分の物にしようとしたが、心臓の発作で一時心肺停止状態に陥った。

登場作品

東京下町にある老舗和菓子屋「お々ば」の末っ子・大葉鹿の子は、つましく幸せな日々を送っていた。だが、バブル期に店舗の土地を父親が地主から買い取ったことをきっかけに、地代が膨らみ十億円もの借金になっていた...