伊集院 莢子

¥十億少女(漫画)の登場人物。読みは「いじゅういん きょうこ」。

  • 伊集院 莢子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
¥十億少女(漫画)
正式名称
伊集院 莢子
ふりがな
いじゅういん きょうこ

総合スレッド

伊集院 莢子(¥十億少女)の総合スレッド
2016.07.27 13:24

概要

伊集院礼生の母で、北条大我は双子の妹の薔子と、夫である伊集院彪斗の間の子供。高校一年生の時に伊集院家に移ってきた大我と関係を結んだ。娘・鵇子が、庭の池で溺死した際にも大我と同衾していた。また大我が伊集院邸を去った後は、彼と間違えて礼生と関係を結ぶこともあった。

鵇子の死を受け入れることが出来ず、年齢に合わせて調度や衣服をあつらえていた。礼生に鹿の子を鵇子として与えられ、信じ込む。

登場作品

東京下町にある老舗和菓子屋「お々ば」の末っ子・大葉鹿の子は、つましく幸せな日々を送っていた。だが、バブル期に店舗の土地を父親が地主から買い取ったことをきっかけに、地代が膨らみ十億円もの借金になっていた...