伊53潜

特攻の島(漫画)に登場する日本海軍の潜水艦。読みは「いごじゅうさんせん」。

  • 伊53潜
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
特攻の島(漫画)
正式名称
伊53潜
ふりがな
いごじゅうさんせん

総合スレッド

伊53潜(特攻の島)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

艦長・豊増清八金剛隊に参加して4基の回天を搭載、渡辺裕三関口政夫伊東少尉有森上曹がその搭乗員として乗り組んだ。攻撃目標はコッソル水道。だが敵駆逐艦の爆雷で損傷を受け、種子島へ帰投。修理を経て再びコッソル水道へ向かった。

2度の出撃で渡辺を除く3名が回天で発進・自爆したが、いずれも敵側の損害はなし。だが艦長の豊増は帰投後、輸送艦2隻の撃沈を確認したと虚偽の報告を行った。1945年7月、多聞隊に参加。

関連キーワード

『特攻の島』に登場する部隊。回天による最後の特攻を行う。1945年7月出撃。伊53潜など潜水艦6隻に回天32基を搭載し、台湾とバシー諸島に挟まれた海上の要衝・バシー海峡へ向かった。伊53潜に乗りこんだ...

登場作品

太平洋戦争末期、日本海軍士官・黒木博司と仁科関夫は自爆兵器を考案して軍に導入を提言。やがて人間魚雷・回天として実用化され、福岡海軍航空隊予科練にいた渡辺裕三らが搭乗員として集められた。生きる意味を見出...