伏姫

伏姫

八犬伝(漫画)の登場人物。読みは「ふせひめ」。

登場作品
八犬伝(漫画)
正式名称
伏姫
ふりがな
ふせひめ
関連商品
Amazon 楽天

概要

南房総の突端・安房館山を治める里見義実の娘。金碗大輔孝徳と婚約していたが、里見義実が苦し紛れに犬の八房に語り掛けた約束によって、八房に嫁ぐことになった。腹に子を宿した後に犬房と共に自害する。息絶える直前に現れた金碗大輔孝徳の前で、彼女の持っていた数珠の珠が飛び散るが、その珠の気はすべての人々の呪いを絶つことを予言した。

その後、犬房に乗った姿で八剣士達の前に姿を現す。

登場作品

八犬伝

室町時代の戦乱期を舞台に、伏姫と神犬八房の因縁によって結ばれた、犬塚信乃戍孝ら8人の若き 武士達が結集し闘う姿を描いた伝奇漫画。滝沢馬琴原作の南総里見八犬伝を碧也ぴんくが独自の構成で漫画化した。 関連ページ:八犬伝

SHARE
EC
Amazon
logo