伏羲

封神演義(漫画)の登場人物。読みは「ふっき」。

  • 伏羲
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
封神演義(漫画)
正式名称
伏羲
ふりがな
ふっき

総合スレッド

伏羲(封神演義)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

のちの王奕と同一人物であり、王奕太公望が融合した際に名乗った名前。女媧と共に地球に降り立った宇宙人の男性。女媧の目論見を阻止するため封神計画を立案した張本人。

登場人物・キャラクター

太古の昔に他の惑星から地球に降り立った宇宙人の女性。地球に滅びてしまった故郷の惑星と同じ歴史を歩ませるために、人間界を意のままに操ろうとする存在。その思惑を危険視した同胞たちによって肉体は封印されてい...

関連キーワード

『封神演義』に登場する用語。当初は妲己を筆頭に殷に害をなす妖怪仙人たちを一掃し、悪政に苦しむ人間を救うことを目的として元始天尊が太公望に命じたものとされたが、真の目的は女媧による支配から人間の生活を解...

登場作品

舞台は殷王朝時代の古代中国。仙女・妲己により心を惑わされ、悪政を続ける紂王により国は乱れていた。道士・太公望は、元始天尊により人間界に害をなす仙人たちを人間界から駆逐する計画・封神計画を遂行し、殷に替...