伴 宙太

巨人の星 特別篇 父一徹(テレビアニメ)の登場人物。読みは「ばん ちゅうた」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
巨人の星 特別篇 父一徹(テレビアニメ)
正式名称
伴 宙太
ふりがな
ばん ちゅうた

総合スレッド

伴 宙太(巨人の星 特別篇 父一徹)の総合スレッド
2016.03.22 15:52

概要

飛雄馬が青雲高校で知り合った同級生。学校の有力スポンサーにしてPTA会長である父親伴大造の威光の下、学校のボスのように振る舞っていた。柔道部の主将でありながら応援団長を自称し、不甲斐ない野球部に猛特訓を強いる。

その姿勢を親の七光りと批判した飛雄馬と衝突するが、やがて互いの根性を認め合い、親友に。飛雄馬の速球を受けられる捕手がほかにいなかったこともあり、野球部へ転部。持ち前のパワーを活かして甲子園でも活躍する。

高校卒業後は、飛雄馬とともにジャイアンツの入団テストを受け、補欠合格で入団。チームには絶対的な正捕手である森祇晶がいたため、一軍での出番はほとんどなかった。

その一方で飛雄馬が魔球を開発する際に、特訓相手として尽力している。その後は星一徹に潜在的な才能を見出され、彼が中日ドラゴンズのコーチに就任したのち、その意向によるトレードでドラゴンズへ入団。

ライバルとして飛雄馬に立ちはだかり、打倒大リーグボール3号を目指す。飛雄馬との勝負を終えた後は引退し、父の会社の重役に。飛雄馬が球界復帰する際には親友として協力した。

登場作品

星一徹は己の果たせなかった夢を息子の飛雄馬に託し、過酷な野球の特訓を強いる。ときには厳しく、ときには愛情をもって接し、飛雄馬は屈指の左腕投手として読売ジャイアンツに入団。星一徹は息子にさらなる試練を与...