伽羅

伽羅

嘘喰い(漫画)の登場人物。読みは「きゃら」。

登場作品
嘘喰い(漫画)
正式名称
伽羅
ふりがな
きゃら
関連商品
Amazon 楽天

概要

屈強な体と非常に高い戦闘能力を持つ青年。左目に火傷の痕のような傷がある。元倶楽部「賭郎」零號立会人で、かつては斑目貘の専属立会人であった。古今東西の武術を身に着け、香港の暗黒街で暴力を嵐の如く撒き散らしていたところを能輪に見出され立会人となる。伽羅という名前はこの際に、能輪によって付けられた。

が「屋形越え」で敗北した後に賭郎を抜けているが、「生きたまま賭郎を抜けることは許されない」というルールがあるために賭郎から命を狙われている。強面な外見とは裏腹に面倒見が良い。「ハングマン対決」の際に廃坑の外で戦ったマルコに敗れ、以降は再び賭郎会員となったと協力関係となる。

関連人物・キャラクター

斑目 貘

銀髪にオールバックの青年。賭博組織倶楽部「賭郎」を介して行われたギャンブルで勝利を重ね続けた伝説のギャンブラー。相手の嘘やブラフ、イカサマを見抜き食らい尽くすことから「嘘喰い」と呼ばれている。かつては... 関連ページ:斑目 貘

関連キーワード

倶楽部「賭郎」

『嘘喰い』に登場する組織。組織の頂点であるお屋形様、101名の立会人とその私兵、その他多数の掃除人や黒服、さらに48名の会員から構成される。会員の希望に応じて立会人を派遣し、ギャンブルを仕切らせ、勝敗... 関連ページ:倶楽部「賭郎」

登場作品

嘘喰い

「嘘食い」の異名を持つギャンブラー斑目貘を中心に、賭博組織倶楽部「賭郎」を介したギャンブルを描く。迫稔雄のデビュー作。 関連ページ:嘘喰い

SHARE
EC
Amazon
logo