佐々 成政

花の慶次 ―雲のかなたに―(漫画)の登場人物。

  • 佐々 成政
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
花の慶次 ―雲のかなたに―(漫画)
正式名称
佐々 成政

総合スレッド

佐々 成政(花の慶次 ―雲のかなたに―)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

日本の戦国時代の武将、佐々成政をモデルとしている。かつての主君・織田信長を崇拝している越中の大名で、徳川家康が起こした小牧長久手の戦いに呼応して、前田利家の末森城を攻めた。前田慶次が単騎で本陣を急襲し、危うく命を落としかけたが、死ぬ前にと武士らしい潔さと戦場への想いを吐露。

それを聞き戦場で相見えんと慶次は姿を消した。その後、末森城の戦いで前田軍に敗北。慶次より渡された織田信長の甲冑を着込んで前田軍に突進して消えた。その後、命を長らえ豊臣秀吉の指示により肥後へと国替えとなるが、統治に失敗しその責任を取り切腹となった。

登場人物・キャラクター

日本の戦国時代の武将・前田利家をモデルとしている。かつては織田家きっての猛将として知られていたが、老齢となり家を守るために図体だけ大きな小心者に成り下がった。前田慶次の人気に嫉妬し、いずれ自分の地位を...

登場作品

時は戦国時代末期、加賀前田家の武将・前田慶次は、お家の鼻つまみ者として、当主の前田利家に疎まれながらも、稀代の傾奇者として好き勝手に、そして雅に振る舞い、人々の信任を得ていた。もはやその大器に加賀は狭...