佐々木 剣道

凄ノ王(漫画)の登場人物。読みは「ささき けんどう」。朱紗真悟とはライバル関係。

  • 佐々木 剣道
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
凄ノ王(漫画)
正式名称
佐々木 剣道
ふりがな
ささき けんどう

総合スレッド

佐々木 剣道(凄ノ王)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

剣道部主将。現代剣道と示現流を組み合わせた独自の剣法を操り、さらに念動力を剣に纏わせた超殺人剣まで使いこなす超能力者。合田に続く部団連合からの刺客として、朱紗真悟と対決する。実は瓜生麗によって現代に連れて来られた戦国時代の剣士だった。

登場人物・キャラクター

普通の少年として育ったが、実は大破壊をもたらす魔神にも、人々を救う英雄神にもなりうるほどの超能力を秘めている。雪代小百合への暴行事件をきっかけに、強力な超能力者として覚醒し始め、ついには魔神凄ノ王とな...

関連キーワード

『凄ノ王』の主な舞台となる学校。一見すると規模が大きいだけの普通の学校に見えるが、犯罪者も同然の不良生徒たちが幅を利かせている。にも拘らず、それが大きな問題にはならず、不思議と一定の秩序は保たれている...
『凄ノ王』に登場する組織。正式名称を部団連合会といい、耳宇高校で活動している応援団や武術系の部活動の統括を目的とする。学内の一角には、専用の集会所が与えられていた。しかし、その実態は武力によって全校を...

登場作品

ごく普通の少年として育った朱紗真悟は、恋心を抱いていた少女雪代小百合が、目の前で暴行された事件をきっかけに、超能力に目覚めた。それと同時に好戦的な性格へと変化した真悟は、町や学園に巣くう悪党たちとぶつ...