佐々木編集長

バクマン。(第1シリーズ)(テレビアニメ)の登場人物。読みは「ささきへんしゅうちょう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
バクマン。(第1シリーズ)(テレビアニメ)
正式名称
佐々木編集長
ふりがな
ささきへんしゅうちょう

総合スレッド

佐々木編集長(バクマン。(第1シリーズ))の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

『バクマン。(第1シリーズ)』に登場する架空のキャラクター。週刊少年ジャックの現編集長で、副編集長時代には漫画家の川口たろうに戦力外通告を行った。また新妻エイジの才能を確信し、高校生ながら週刊少年ジャックでの連載をスカウトする。

その際新妻エイジより、一番人気になったら嫌いな漫画をひとつ終わらせる権限がほしいと言われたが、返事は保留している。

登場人物・キャラクター

『バクマン。(第1シリーズ)』に登場する架空のキャラクター。幼少時よりずっと漫画を書き続け、中学生時代の投稿作より10年にひとりの逸材と評価され、高校入学と同時に上京。高校生ながら週刊少年ジャックで「...
『バクマン。(第1シリーズ)』に登場する架空のキャラクター。真城最高の叔父で、川口たろうというペンネームで活動していた漫画家で故人。生前、週刊少年ジャックで「超ヒーロー伝説」という人気漫画を連載、アニ...

関連キーワード

『バクマン。(第1シリーズ)』に登場する架空の雑誌で、実在する集英社の週刊少年ジャンプがモデル。編集部には、佐々木編集長を筆頭に、服部哲、服部雄二郎ら編集部員が在籍。この編集者の大半も、実在の編集者が...

登場作品

毎日をぼんやりと過ごしていた中学生の真城最高。ある日、同級生の高木秋人からコンビを組んで漫画家になろうと誘われる。最高が片思いしている同級生亜豆美保へ漫画家になる決意を伝え、さらにそのまま勢い余って、...