佐伯 文吾

佐伯 文吾

ちちとこ(漫画)の作品登場人物。読みは「さえき ぶんご」。別称、ぶんさん。

登場作品
ちちとこ(漫画)
正式名称
佐伯 文吾
ふりがな
さえき ぶんご
別称
ぶんさん
別称
さえちゃん
関連商品
Amazon 楽天

概要

日坂洋一の幼稚園時代からの幼なじみで、ケーキ屋「cafe Teterasee」を営む男性。日坂将からは「ぶんさん」と呼ばれている。基本的には穏やかな常識人だが、思い込みが激しい一途な性格の持ち主で、洋一関連のことになると常識では考えられない行動を取る洋一信者。幼稚園時代、中性的な容姿に加えて気弱な性格であり、周囲からいじめられていた。

そんな中で、「さえちゃん」という愛称だった佐伯文吾のことを女の子だと勘違いした幼い洋一に守ってもらい、以降、洋一を慕って常に行動をともにするようになった。その信望ぶりはすさまじく、洋一の手作りセーターを1億円で買おうとしたり、自身の経営するケーキ屋の内装に額に飾った洋一の写真を貼りつけたりしている。

そもそもパティシエを目指したのも洋一の何気ない一言がきっかけである。その思い込みぶりは、職業柄、衛生面を気にするあまり、髪どころか眉まで剃り上げたという行動からも見て取れ、しかもそれを店員にまで徹底している。なお、現在は剃髪し眉なしなので強面に見えるが、髪がある時の写真を見た将によれば、かなりのイケメンだという。

登場作品

ちちとこ

素直で明るいものの、すぐに物を壊してしまう息子と、今は優しいがかつては折り紙つきの不良だった父親。そんな2人の日常を描いたハートフルホームコメディ。うち子のデビュー作で、「月刊少年ガンガン」2013年... 関連ページ:ちちとこ

SHARE
EC
Amazon
logo