佐倉 ハナ

花もて語れ(漫画)の主人公。読みは「さくら はな」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
花もて語れ(漫画)
正式名称
佐倉 ハナ
ふりがな
さくら はな

総合スレッド

佐倉 ハナ(花もて語れ)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

概要

ショートヘアーの女性。冒頭の回想シーンでは7歳。現在は22歳。神奈川県生まれ。両親を亡くして、地方に住む伯母佐倉遥に引き取られたが、引っ込み思案で口下手な上に方言の壁のせいで、まともに話すことができなかった。そんななか、テントの中で本を朗読する青年折口(折口柊二)に出会い、朗読の才能を見出された。

その後、朗読から遠ざかり大学の家政学部を卒業。ムーンリバーコーヒーに就職し上京するが、慣れない相手の前では、小声でしか話すことが出来ず、加えて不器用。ふとした偶然から、仕事の傍ら朗読家・藤色きなりが主宰する藤色朗読教室を知る。間壁人事部長からの紹介で、大口取引先・レッドベリーの社長の娘佐左木満里子を、朗読によって引こもりの状態から救い出し、以来彼女とは親友となる。

その後正式に藤色朗読教室に通い出し、朗読にのめり込む。折口との再会、佐左木満里子との確執など様々な出来事や壁を経て、朗読のステップを一歩ずつ登っていく。

登場作品

ハナ(佐倉ハナ)は雲を見ながら空想するのが好きな少女。両親を亡くして、地方に住む伯母の佐倉遥に引き取られたが、引っ込み思案で口下手な上に方言の壁のせいで、まともに話すことができない。そんななか、テント...