佐倉

路地恋花(漫画)の登場人物。読みは「さくら」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
路地恋花(漫画)
正式名称
佐倉
ふりがな
さくら

総合スレッド

佐倉(路地恋花)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

ふきこ路地で「布小物佐倉屋」を営む。友禅ののり置き職人を目指しており、自分に影響を与えた人物を勝手に「師匠」と呼んでは、実家まで押しかけ弟子入りを志願している。「師匠」が脳梗塞で倒れた後、本格的にその技術を伝授され、一人前ののり置きになる事ができた。

関連キーワード

京都の路地にひっそり佇む長屋。大家の笠原早苗によって、住めるのは職人や芸術家といった「つくる人」限定という条件がある。家賃はかなり安く、住人たちはそこでアトリエや店舗を構えながら暮らしている。

登場作品

京都の街の片隅に、ひっそり佇む小さな長屋。ふきこ路地と名付けられたこの長屋には、職人や芸術家たちがアトリエや店を構えて暮らしている。ある日、手作り本工房の店を営む安竹小春のもとに、十和田郁巳という元人...