佐左木 満里子

佐左木 満里子

花もて語れ(漫画)の登場人物。読みは「ささき まりこ」。

登場作品
花もて語れ(漫画)
正式名称
佐左木 満里子
ふりがな
ささき まりこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

ショートヘアーの女性。初登場時26歳。大手ファミレスチェーン・レッドベリーの社長の娘。高校2年生の時に経験した妹・佐左木絵里子の死と、父親への不信感が後々トラウマとなり、就職活動を続けていた大学4年生から、5年にわたって引きこもり生活を続ける。レッドベリーの取引先ムーンリバーコーヒーの新入社員・ハナ(佐倉ハナ)の朗読がきっかけで外に出るようになり、ハナと共に藤色朗読教室に通うようになった。

彼女とは無二の親友となる。独自の朗読譜を書き込むなど分析的に読み込む朗読は、感性そのままで朗読するハナとは対照的。一番の親友。折口(折口柊二)に見出され、彼がプロデュースする朗読会に出演しスタッフとしても働き始めるが、このことによってハナとは一時隙間ができてしまう。

登場作品

花もて語れ

不器用で人見知りな佐倉ハナが、人々と共に朗読に打ち込む青春を描いたヒューマンドラマ。朗読協力・朗読原案として東百道が製作に参加している。 関連ページ:花もて語れ

SHARE
EC
Amazon
logo