佐平次

佐武と市捕物控(漫画)の登場人物。読みは「さへいじ」。鬼道組とはライバル関係。みどりとは親族関係にある。

  • 佐平次
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
佐武と市捕物控(漫画)
正式名称
佐平次
ふりがな
さへいじ

総合スレッド

佐平次(佐武と市捕物控)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

主人公佐武の親分の岡引き。みどりの父であり、佐武との仲を認めている。痛風持ちで病で寝込むことが多く、お勤めのほとんどを下引きの佐武に任せている。

登場人物・キャラクター

岡引き佐平次のもとで下引きとして働く。先端に十手をつけて縄を操る「捕縄術」の名手である。推理力にも長けている。甲州巨摩郡私市村の貧農のせがれだったが、父親の仇をうつため江戸にやってきた。たまたま佐平次...
佐平次の娘であり、佐武に思いを寄せている。佐武に対する思いが強く、時には嫉妬深くなる時がある。父・佐平次の死後、佐武と夫婦になり、岡引きとなった夫を力強く支えった。後に佐武との間に男の子を授かった。

関連キーワード

『佐武と市捕物控』に登場する悪人たちの集団。身体に障害のあるならず者たちが作った無法者の集まり。鬼道組を追っていた佐平次に仇なすため、娘のみどりを誘拐した。甲州から出てきたばかりの佐武がたまたま現場に...

登場作品

江戸時代、下引きの佐武とあんまで盲目の松の市は息の合ったコンビとして、江戸の町で捕り物に奔走する毎日。時には、血なまぐさい斬り合いにもなるが、捕縄術の名手佐武は、居合いの達人市の力を借りて、事件を解決...