佐渡島 法治

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)の登場人物。読みは「さどしま ほうじ」。別称、百識の法治。

  • 佐渡島 法治
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)
正式名称
佐渡島 法治
ふりがな
さどしま ほうじ
別称
百識の法治

総合スレッド

佐渡島 法治(るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

十本刀の一人。作戦立案能力、実務能力に長け、志々雄真実一派の中で参謀的ポジションを占める。志々雄へ絶対的忠誠を誓っており、彼の為に責任を被り、自ら爪を剥いだこともある。元は明治政府の官僚だったが、組織の腐敗に嫌気が差して下野。志々雄に拾われて十本刀の一人となる。

登場人物・キャラクター

弱肉強食を信条とし、強者が弱者を淘汰する社会の構築を目論んでおり、京都を中心に強力な派閥を作り上げていた。元は緋村剣心の後を継いで、佐幕派の要人暗殺に当たっていた維新志士だったが、その野心を警戒されて...

関連キーワード

『るろうに剣心』に登場する集団。志々雄真実直属の腕利き十人を指す。長い間戦闘に参加出来ない志々雄の体質による弱点をカバーするために集められており、曲者が集う。志々雄の命令に忠実に従うが、その目的は各々...

登場作品

世界観「誰もが平和に暮らせる世の中を」という信念のもと、剣心が弱い者を理不尽な暴力や争いから守っていくというのが本作の大まかな流れである。また、物語全体を通してテーマとなっているのが、過去に対する「贖...