佐田国 一輝

嘘喰い(漫画)の登場人物。読みは「さだくに いっき」。斑目貘とはライバル関係。

  • 佐田国 一輝
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
嘘喰い(漫画)
正式名称
佐田国 一輝
ふりがな
さだくに いっき

総合スレッド

佐田国 一輝(嘘喰い)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

無精ひげに眼鏡をかけた男性。賭郎会員で専属立会人は目蒲鬼郎。革命家であり、日本から北に亡命をしていた。テロ資金を得るために賭郎会員となり、との勝負を受ける。実は全盲で人工視覚によって視界を再建しており、斑目貘との「ハングマン対決」の際には天井に設置されたカメラの映像を視覚に繋ぎの手札を盗み見ていた。

ハングマンに敗れて首を吊られ、生への未練を叫びながら絶命した。

登場人物・キャラクター

銀髪にオールバックの青年。賭博組織倶楽部「賭郎」を介して行われたギャンブルで勝利を重ね続けた伝説のギャンブラー。相手の嘘やブラフ、イカサマを見抜き食らい尽くすことから「嘘喰い」と呼ばれている。かつては...

関連キーワード

『嘘喰い』に登場する組織。組織の頂点であるお屋形様、101名の立会人とその私兵、その他多数の掃除人や黒服、さらに48名の会員から構成される。会員の希望に応じて立会人を派遣し、ギャンブルを仕切らせ、勝敗...

登場作品

とあるパチスロ店にて、青年・梶隆臣は、嘘喰いと呼ばれるギャンブラー・斑目貘に出会う。梶はスロットの当たりに気付かず席を立った貘に、当たりが来ていることを教える。貘はスロットの当たりを教えてくれたお礼に...