佑河 貴文

佑河 貴文

刻刻(漫画)の登場人物。読みは「ゆかわ たかふみ」。佑河樹里とは親族関係にある。

登場作品
刻刻(漫画)
正式名称
佑河 貴文
ふりがな
ゆかわ たかふみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

佑河樹里の父親。自分にも他人にも甘い自堕落な性格により、止界術を伝承されなかった。誘拐された孫・佑河真を救出するため、じいさん佑河樹里とともに止界に入る。止界術は危険だが、金になるという判断から、佑河家での影響力を強め、止界術を我が物にしたいと画策する。怪物・神ノ離忍を発現させるレベルの殺意を赤の他人に対して苦もなく抱けるなど、人間としてタガの外れた行動により、周囲を唖然とさせる。

関連人物・キャラクター

佑河樹里

28歳になる佑河家の長女。現在求職中。6歳の時、愛犬のアンドレに死期が迫った際に、祖父であるじいさんとともに止界に入ったことがあるが、全て夢の中の出来事だと認識していた。その時に用いた止界術が原因とな... 関連ページ:佑河樹里

登場作品

刻刻

引きこもりの兄に、中年ニートの父親、シングルマザーの妹。妙な諦めムードの定着した佑河家に誘拐グループからの電話が入る。長女・佑河樹里の甥・佑河翼と兄・佑河翼を拉致したという。犯人が指定した身代金の受渡... 関連ページ:刻刻

SHARE
EC
Amazon
logo