依志羽良 絵馬

最終戦争シリーズ(漫画)の登場人物。読みは「いしはら えま」。別称、エンマ。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
最終戦争シリーズ(漫画)
正式名称
依志羽良 絵馬
ふりがな
いしはら えま
別称
エンマ

総合スレッド

依志羽良 絵馬(最終戦争シリーズ)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『影』『ドクター・レイクの休診日』『風の迷路』の主人公。2743年生まれ。子供のころから市オタルのパトロールスクールに入っていて、サバイバル訓練の最中にカザフスタン公国の三の公子だった西塔小角と出会う。その後パトロールに入った。諌早呉道市長をテロリストから守った功績で超空時課長に昇進。

西塔小角が部下として配属される。市長の陰謀でに誘拐されるが、彼のことを好きになってしまう。しかし、帰還途中には虚数空間に流されてしまった。その後、レイクの標的にされ、黒い翼と角を2本移植され、視力を失った状態でと共に15世紀のイタリアに置き去りにされる。

によってボルジア家に売られるが、それはバクダッドのパトロールに救援を求めるためだった。ボルジア家に翼と角をむしられ、慌てたレイクに助け出されて視力も回復。単身を追って出発し、三合会乗っ取りを狙う時間海賊に捕らえられる。カトマンズで手下を眠らせて基地を乗っ取り、を救出したが虚数空間に撃墜。

これを小角に救出されている。その後、心臓の爆弾を外されたと結婚。新婚のエディラとレイクを加えた4人で生活を始めた。パトロールの仕事を続けていたが、時間跳躍機の事故で行方不明となる。

登場人物・キャラクター

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『ファーストコンタクト』『トルント沼沢地』『夢魔』『笛吹伝説』『放電空間』『雨の降る日は天気が悪い』『とっくりタヌキ』『きつね雨』『ケサラン パサラン』『地平線の銀...
『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『影』『ワイプ・アウト』『風の迷路』『風の尖塔』『黒の谷風』『封鎖地区』の主人公。西塔小角のクローンとして、小角の祖父で魔術師兼医者の秋吉真名部によって作成された。...

関連キーワード

『最終戦争シリーズ』の組織。最終戦争後の世界の各都市にある、警察と役人、軍を混ぜたような組織。重要な役割を担っているため、メンバーはエリート揃い。時空間犯罪を扱う「超空時課」のほかに「麻薬課」なども存...

登場作品

西暦2296年に勃発した最終戦争により、人類は20程度の都市国家に生き残るのみになってしまった。科学技術の進歩により、ほぼ不老不死を手にした人類だが、西暦3500年に至るまで緩やかに滅亡に向かっていく...